パシフィックブルーダイブセンタートップ > パシフィィコアズールリゾート

 

パシフィコアズールリゾート

リゾート内マップ ご宿泊料金 リゾートへの道順
お食事料金    

 


プチ・リゾートという感じがぴったりの自然派リゾート。

コゴン・ニッパ葺きの屋根と竹を編んだ素朴なたたずまいが心和ませる。
スペイン語の“蒼く平和なリゾート”という名にふさわしい静かで落ち着いたたたずまいが 蒼い海と融合している。

美しい景観と調和したリゾートは 日本人はもちろん欧米人にも熱烈な支持を得ております。

20室のみのこじんまりとした客室は 竹や木などの自然素材をふんだんに使用した アジアンテイスト。





アジアンテイストいっぱいの個室。デラックスルームにはエアコン、テレビ完備。  

フィリピンテイストのダイニングホール。

一人の時間をのんびり過ごすもよし、仲間たちと楽しむもよし。アニラオの夜は静かで永いです。

ワイヤレスランが無料で利用できます。

漫画や書籍も充実。

 

眼前に沈む夕陽。はるか遠くに見えるのはルバング島。ひっそりとしたアニラオの夜がもうすぐやってくる時間です。

空には満天の星。シーズンになると蛍たちが迷い込んできます。
 

Pacifico Azule Resort特製マンゴーシェイク。リゾート内にマンゴーがなる3-4月、11-12月の限定メニュー。

リゾート内には他にパパイヤ、ジャックフルーツ、バナナ、ココナッツ、カミヤスなどのフルーツが残されていて、フィリピンの自然の豊かさが実感できます。
 



ダイビングは、6人乗りバンカでのボートダイビングが主流。リゾート前から即出航。

 

リゾート前はすぐに海。オオモンイザリウオ、ゴールドスペックトジョーフィッシュ、カクレクマノミ、トウアカクマノミ、ホタテツノハゼ、グルクマ、コバンザメ、ミシマオコゼ、セミホウボウ、などなど。朝のディープではスイートリップスの群れ。1m超のバラクーダが浅瀬で昼寝していることも。


一日のダイビングの締めくくりは水平線に沈む夕陽。


ダイビング終了後はサンミゲールビールで乾杯。アニラオのダイビングの余韻に浸るもよし、ダイバー仲間と団らんもよし。夜9時からはダイニング付属バー、酒どころ博多もオープン。










トップへ戻る
 

リゾート内マップ アメーバのように増殖中のリゾートです。訪れるたびに様変わりするのが一つの楽しみ? 駐車場はリゾートの敷地内ですので、安心です。

トップへ戻る

ご宿泊料金 フィリピンテイストいっぱいの、自然素材をふんだんに使ったつくりです。ハイシーズンの割増料金は設定していません。
スタンダードエアコンルーム
2600ペソより ご一泊、1室料金 1〜3名様 全10室
クーラー、トイレ、温水シャワー、ボディソープ、シャンプー付






 

デラックスエアコンルーム
3500ペソより ご一泊、1室料金 1〜4名様 全8室
クーラー、トイレ、温水シャワー、ボディソープ、シャンプー付








 

ノンエアコンエコノミールーム
1500ペソ ご一泊、1室料金 1名様 全1室
共同トイレ温水シャワー、ボディソープ、シャンプー付
子供のころ憧れたツリーハウス。
まるでトムソーヤになった気分でご宿泊ください


トップへ戻る

お問い合わせ・ご予約

リゾートへの道順 パシフィコアズールまでは、1)自家用車で 2)送迎車で 3)公共交通機関で お越しいただけます。
1)自家用車で

マニラからアニラオまでのマップはこちらからダウンロードできます。ご覧になるには、Adobe Reader(こちらからダウンロード)が必要です。所要時間は慣れたドライバーさんで早朝なら2時間〜2時間30分です。はじめていらっしゃる場合、ドライバーさんが道に迷うことがありますので、時間には余裕を持っていらしてください。

2)送迎車で

マニラ市内にお迎えにあがります。
日帰りの場合は、朝5時にお迎えにあがります。
空港からの直接ピックアップにも対応しています。
深夜便にてご到着される場合も対応しています。

 

マニラ ⇒ パシフィコアズールリゾート
3300ペソ
/往復/名/2名様以上
一名様の往復送迎料金は
4500ペソ

3)公共交通機関で

この方法は、よほどフィリピンに慣れた人のみにお勧めします。日本ではありませんので、外国人の公共交通機関での移動は、それ相応のリスクがあります。途中、バスの故障等のトラブルに見舞われて時間通りにつかない可能性も高いため、時間には余裕を持って計画してください。

1)バスに乗る
 Buendia st.とTaft Ave.の交差点にあるJAM社のバスターミナルで、Batangas行きのエアコンバスに乗る。行き先は、BatangasのStar Tall Way 出口のバスターミナル 以前はDiversion(Batangas pireの手前の十字路にかかる陸橋のこと)で下車できたのですが、現在は手前のバスターミナルで降ろされます。

2)ジープニーに乗る
 バスターミナルに停車しているMabini(Anilao)もしくは、Bauan行きのジープニーに乗る。Anilao下車。乗客が少ないとAnilaoまで行かずにMabiniにいたる三叉路で下ろされることあり。ジープニーは満員にならないと出発しないため、Mabini(Anilao)行きのジープがなかなか出発しないことがあります。その時は本数の多いBauan行きのジープに乗り、BauanでMabini(Anilao)行きのジープに乗り換えることをおすすめします。

3) トライシクルに乗る
 トライシクル乗り場のトライシクルに乗る。行き先は、Barangay Ligaya(バランガイリガヤ)のパシフィコアズールまで。Anilao乗車の場合は一台70ペソ。Mabini乗車の場合は一台100ペソが目安。

最終トライシクルは午後4時くらいです。その後はトライシクルがありませんので、アニラオからリゾートへの移動が困難になります。日の出ているうちに移動を終了してください。

トップへ戻る

お問い合わせ・ご予約

お食事料金 パシフィコアズールの食事は、素材を生かしたフィリピン料理です。たまにそばを打ったり、ピザを焼いたりしますが、現地で最もおいしいものは、その土地の食事。クセの少ないフィリピン料理をご堪能ください。
 
朝食 ご宿泊頂いた場合は無料です。
100ペソ
昼食(ビュッフェ)
400ペソ
夕食(ビュッフェ)
400ペソ
コーヒー、紅茶、ミネラルウォーター(24時間いつでもどうぞ)  

トップへ戻る

お問い合わせ・ご予約

日本人経営ですので言葉の心配はございません。
詳しくはEメール又は日本語ホットラインにてお問い合わせください。

Eメール:
info@pacificblueasia.com
日本語ホットライン:

+63-918-929-4070 (中野)

 

+63-917-577-9270 (益田)

All Rights Reserved by Pacific Blue Dive Center

リンクフリーです。ダイビングの神秘とすばらしさを世界に発信しましょう!


メールでのお問い合わせはこちら