パシフィックブルー ダイブセンターのご案内

防疫下のお客様のお受け入れについて

2021年4月27日 更新 
マビニ観光課より、下記指針が提示されいます。
*期間:4/5以降 期限未定
*営業許可(キャパシティーの50%まで)
*72時間以内のRapid Swab Test陰性結果必須
(抗原検査:Antigen Test)。アニラオで検査の場合は1500ペソです。
* ご予約確認書 必須(Booking Confirmation 弊社発行)

注意点:
マニラ首都圏及びに4州(ブラカン州、リゾール州、ラグナ州、カビテ州)は4/27現在、調整された防疫措置(Modified Enhanced Community Quarantine)MECQ区域である期間は基本的にレジャー目的の州外への移動は禁止されておりますが、アニラオのあるマビニの観光課の見解としては「予約確認書で確認できるサービスを受ける目的であれば移動可能」とのことでした。

「調整された一般防疫措置下(Modified General Community Quarantine:MGCQ)]での営業許可証(下段)

行政認可

Philippines Department Of Tourism
フィリピン観光省

パシフィックブルーアニラオ店「パシフィコアズールリゾート」はフィリピン観光省の認可を受けております。観光省認可のもと、防疫を第一にサービスを提供させていただきます。

Philippines Commission On Sports Scuba Diving
フィリピンスポーツスクーバダイビング委員会

パシフィックブルーアニラオ店「パシフィコアズールリゾート」はフィリピンスポーツスクーバダイビング委員会の認可を受けております。
この認可の元、使用圧縮空気の品質管理、ダイビングの安全管理等の年次監査に合格した上で、サービスを提供させていただいております。


パシフィックブルーダイブセンターは1997年からフィリピンにて日本人経営によるダイビング&ご宿泊サービスを行っております。現在は下記、アニラオ店及びレガスピ店の2店舗にて営業中です。


アニラオ店:マニラから車で2-3時間の場所にあるバタンガス州はマビニにて直営パシフィコアズールリゾート(21室)を経営し、宿泊、ダイビング等を20年以上継続してご提供させていただいております。

日本から最も近い海外のダイビングスポットであるアニラオ豊富なサンゴマクロ天国とも言われるアジアトップクラスの水中生物種の宝庫です。

名 称:Pacifico Azul Resort
住 所:Barangay Ligaya, Mabini, Batangas, Philippines
担当者:益田 (+63-917-577-9270)

レガスピ店:マニラから空路南に1時間。ルソン富士と呼ばれるマヨン火山の麓にあるレガスピ市にて2005年から営業しております。ファンダイビングは現在、準備中ですが、ダイビング講習等はお申し込みいただけます。

名 称:Pacific Blue Dive Center Legazpi
住 所:Barangay Puro, Legazpi, Albay, Philippines
連絡先:(+63-917-577-9270)