パシフィックブルー ダイブセンターのご案内

9/1-30の期間の営業について(9/4更新)

8月最終日の8/31の夜中に大統領会見があり、9/1-30の防疫基準が発表となりました。

マニラ首都圏とアニラオのあるバタンガス州は現状維持の「一般防疫措置(GCQ)」で変わらず、ラグナ、カビテ州等は一段緩和されMGCQとなりました。


防疫基準が変わらないので、基本的には営業方向は変わりませんが、アニラオのあるマビニ自治区の観光課で聞いた所、下記の通りでした。(9/1 現在)

(1)リゾートはキャパシティーの30%で営業可能。(前と変わらず)

(2)受け入れ可能なお客様
 (リゾートに滞在しないドライバーさんは対象外)


 ・お住まいの場所の役所発行のHealth Certificate(健康証明)は必須。

 ・アニラオのあるマビニ自治区に入るのにはトラベルパス(移動証明)は不要
  
注意:マビニ自治区に入るのにはトラベルパスは不要ですが、お住いの場所から
     アニラオ(マビニ)にお越しの道中のチェックポイントについては
     トラベルパスの要不要は不明です。


MGCQエリアからGCQエリアであるアニラオにお越しをご検討中のお客様は、帰路お住まいのMGCQエリアに戻れることをお越し前にご確認ください。

※お住まいの場所の役所でのHealth Certificateについて
 Health Certificateは下記が認められればお住まいの場所のシティ・ホール、バランガイホールで発行されるようです。
マカティ市ではWeb経由で申請&2-3日のうちにメールで受領が可能なようです。
マカティ市 申請URL https://docs.google.com/forms/d/1UGBCHlyKr-ZPt5fYdpFgFy3ggoFARBE7-dNlUNjGCvo/viewform?edit_requested=true
 

・PUI(Person Under Investigation:感染観察対象者)でないこと。
 ・PUM(Person Under Monitoring:感染様子見対象者)でないこと。
 ・現在、咳他コロナ感染が疑われる症状がないこと。


なお、アニラオにお越しの場合は毎回新しいCertificateが必要です。

「調整された一般防疫措置下(Modified General Community Quarantine:MGCQ)]での営業許可証(下段)

行政認可

Philippines Department Of Tourism
フィリピン観光省

パシフィックブルーアニラオ店「パシフィコアズールリゾート」はフィリピン観光省の認可を受けております。観光省認可のもと、防疫を第一にサービスを提供させていただきます。

Philippines Commission On Sports Scuba Diving
フィリピンスポーツスクーバダイビング委員会

パシフィックブルーアニラオ店「パシフィコアズールリゾート」はフィリピンスポーツスクーバダイビング委員会の認可を受けております。
この認可の元、使用圧縮空気の品質管理、ダイビングの安全管理等の年次監査に合格した上で、サービスを提供させていただいております。


パシフィックブルーダイブセンターは1997年からフィリピンにて日本人経営によるダイビング&ご宿泊サービスを行っております。現在は下記、アニラオ店及びレガスピ店の2店舗にて営業中です。


アニラオ店:マニラから車で2-3時間の場所にあるバタンガス州はマビニにて直営パシフィコアズールリゾート(21室)を経営し、宿泊、ダイビング等を20年以上継続してご提供させていただいております。

日本から最も近い海外のダイビングスポットであるアニラオ豊富なサンゴマクロ天国とも言われるアジアトップクラスの水中生物種の宝庫です。

名 称:Pacifico Azul Resort
住 所:Barangay Ligaya, Mabini, Batangas, Philippines
担当者:益田 (+63-917-577-9270)

レガスピ店:マニラから空路南に1時間。ルソン富士と呼ばれるマヨン火山の麓にあるレガスピ市にて2005年から営業しております。ファンダイビングは現在、準備中ですが、ダイビング講習等はお申し込みいただけます。

名 称:Pacific Blue Dive Center Legazpi
住 所:Barangay Puro, Legazpi, Albay, Philippines
連絡先:(+63-917-577-9270)