パシフィックブルー ダイブセンターのご案内

8/1-18の期間は営業が休止となります。

7/25より営業を再開いたしましたが、フィリピンでの感染拡大を受け、防疫規制が
「一般防疫措置(General Community Quarantine:GCQ)」
に強化され、観光省及びマビニ自治区双方より、8/1-15の期間営業休止の指示が出ました。

更に8/3にマニラ首都圏、カビテ州、ラグナ州、バタンガス州の一部の地域が8/4-18の期間、更に規制の厳しい
「調整された強化防疫措置(MECQ)」
に指定されたため、営業停止は実質上8/18まで延長となると思われます。8/19以降の営業状況は確定し次第発表させていただきます。

「調整された一般防疫措置下(Modified General Community Quarantine:MGCQ)]での営業許可証(下段)

行政認可

Philippines Department Of Tourism
フィリピン観光省

パシフィックブルーアニラオ店「パシフィコアズールリゾート」はフィリピン観光省の認可を受けております。観光省認可のもと、防疫を第一にサービスを提供させていただきます。

Philippines Commission On Sports Scuba Diving
フィリピンスポーツスクーバダイビング委員会

パシフィックブルーアニラオ店「パシフィコアズールリゾート」はフィリピンスポーツスクーバダイビング委員会の認可を受けております。
この認可の元、使用圧縮空気の品質管理、ダイビングの安全管理等の年次監査に合格した上で、サービスを提供させていただいております。


パシフィックブルーダイブセンターは1997年からフィリピンにて日本人経営によるダイビング&ご宿泊サービスを行っております。現在は下記、アニラオ店及びレガスピ店の2店舗にて営業中です。


アニラオ店:マニラから車で2-3時間の場所にあるバタンガス州はマビニにて直営パシフィコアズールリゾート(21室)を経営し、宿泊、ダイビング等を20年以上継続してご提供させていただいております。

日本から最も近い海外のダイビングスポットであるアニラオ豊富なサンゴマクロ天国とも言われるアジアトップクラスの水中生物種の宝庫です。

名 称:Pacifico Azul Resort
住 所:Barangay Ligaya, Mabini, Batangas, Philippines
担当者:益田 (+63-917-577-9270)

レガスピ店:マニラから空路南に1時間。ルソン富士と呼ばれるマヨン火山の麓にあるレガスピ市にて2005年から営業しております。ファンダイビングは現在、準備中ですが、ダイビング講習等はお申し込みいただけます。

名 称:Pacific Blue Dive Center Legazpi
住 所:Barangay Puro, Legazpi, Albay, Philippines
連絡先:(+63-917-577-9270)